研究概要

 これまでのように、個別光学部品の組み立て調整で構成するのではなく、フォトリオグラフィ技術(マイクロマシニング技術)を用いて作製した携帯可能無線信号伝送超小型センサの研究開発とその応用展開を行っています。
1)マイクロミラーを応用して生体断層撮影を可能にする微小な走査型顕微鏡
2)マイクロミラー、モータ、ロボットの指やマニピュレータなどに内蔵可能な高精度微小変位センサなど、
3)血流量センサ、血糖値センサ、アルコールセンサなど生体状態をセンシングする非侵襲式、携帯可能なマイクロデバイス
4)牛発情センシングデバイス、鳥インフルエンザ低消費電力無線信号伝送センシングデバイス
などどれも従来装置と比べて一桁か二桁小型で世界一を実現しています。また、これらの医工学分野への応用も行っています。これまでの個別部品を一切削除した設計・構造を提案し、実際にデバイスを作製して実証しています。超小型でしかも高性能デバイスを実現しています。また、そのデバイスを応用し、その有効性を明確にしています。

福岡県福岡市西区元岡744番地ウエスト4号館416号室
092-802-3241
copyright 2014 nano-micro lab. All rights reserved.